☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回

4月にブログ復活してから、約半年という短い期間でしたが、
書くネタもなくなってきたので、ここで一旦終了としたいと思います。

今まで訪問して下さった方ありがとうございました。

元々期間限定での復活のつもりだったので、
よく半年続いたなと思います。


この半年で、書きたいことはほぼ書きつくしたし、
レインボークエスト改造計画も終わってしまったので、
ネタ切れになったのがブログ終了の一番の理由です。


あとは今受けようとしている資格試験があって、
そっちに集中したいというのもあります。

身勝手な理由ですが、大変申し訳ありませんm(_ _)m




今日はもう最後なので、書きたいことを書いて終わりたいと思います。


4月にブログ復活してから特に書きたかったネタとしては、
改めて言うまでもないかもしれませんが、

①生産での種牡馬の選び方、良い種牡馬の条件について
②併せの相性について


の2点です。


ほぼ攻略しつくされて、攻略要素がないと思われているこのゲームですが、
いまだに完全に解明されていない点があるとすれば、
この2点だと思います。



①の種牡馬については、レインボークエスト改造計画を通じて、
良い種牡馬の条件を詳しく書いてきたつもりです。

まず、
種牡馬については、よく仔出しがどうだこうだと言われますが、
実際には遺伝が高いほど仔出しが良いだけのことなので、
深く考えずに遺伝が高い馬をつけていればいいです。

例えば、遺伝Aなのに仔出しが良い種牡馬なんていません。
たまたま良い馬を連続して出すことはあるでしょうけどね。


また、
種牡馬選びのときは、遺伝と距離適性、個性、成長型だけを見て、
遺伝以外のパラは無視してもかまわないと思います。


種牡馬のパラの無意味さについては何度も書いてきましたが、
これはゲーム性を考えれば当然のことです。

もし種牡馬のパラの影響が大きかったら、
例えば、システムのラフィアン、クリフジなどからでも、
☆35の種牡馬で代つなぎしていけば、
2~3世代でオールSSの馬が簡単に誕生してしまうことになります。

これでは運営も金儲けできませんし、
ゲームバランスもおかしくなりますから、
今のような仕様になるのも仕方ないことだと思います。



あと、配合理論についてですが、
このゲームには、攻略ガイドに書かれていること以外の
難しい配合理論はありませんし、
特定の組合せが特に相性が良いということもありません。


例えば、無料時代にお世話になった、

ラフィアン×バックパサー

などの配合は黄金配合として有名ですが、
特にこの2頭に特別な相性の良さがあるわけでもなく、
ボールドルーラー系×バックパサー系のニックスがとりわけ
相性が良いということでもありません。
(ニックスについては、どの組合せでも同等の効果です)


無料で手に入るカード種牡馬で、遺伝が高く、
ラフィアンとアウトニックスになるという条件に、
たまたまバックパサーが合致しているだけのことです。

だから、ラフィアンとアウトニックスになる遺伝SSの種牡馬がいれば、
当然そっちをつけた方がいいです。



その他には、因子のこともよく話題になりますが、
因子はインブリード配合でその馬をクロスして初めて効果を発揮するので、
生産ではインブリード配合はほとんど使われないわけだから、
実質的には因子があるメリットはないと言っていいです。




次に②の併せの相性についてですが、
詳しくは記事で書いたとおりなので省略しますが、
現時点で相性の良い組合せとして常識化されている情報の
ほとんどはデマだと思います。


言ってみれば、そういう情報は一種のおまじないと変わりません。

おまじないだから実際には効果ないわけですが、
その方法でたまたま上手くいくと、
そのおまじないが効果あるように錯覚し、
ますますその方法しかやらなくなるというわけです。


実際のところは、併せ相手の差よりも
助手のランク差の影響の方が遥かに大きいと思います。






生産にしても、併せ調教による突破、アビ取得にしても、
ある確率の上で操作されていることなので、
上手くいくこともあれば、失敗することも多々あります。


生産でも期待馬はそう簡単に生まれるものではないし、
併せにしても失敗することがほとんどです。

生産と併せについては、成功する確率が低いからこそ、
たまたま上手くいった方法を、何となく効果があるように錯覚しやすく、
その情報がデマとして広がっているということだと思います。




このブログを最初に始めたときは、
競伝歴も1年ほどで、まだ仕様をよく理解していませんでしたし、
最初の頃の攻略記事は、今読み返すと恥かしくなるような内容も
あったわけですが、
今ではこのゲームはとても底の浅いゲームで、
攻略法を深く考えても仕方ないという考えになりました。

まあ、その中でも工夫すべき点は何点かあるわけですけどね。
それはこれまでの記事の中で書いてきたつもりです。




また書きたいことができたら復活することもあるかもしれませんが、
現時点でのネタは尽きたので、
とりあえずのところは今日で最後にします。


今まで読んで下さった皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

あの方の答え

ピカットイチローの距離適性について、

あの方の答えは・・・



あの方の答え

ということで、完全な読み違いでした^^;




なぜ距離適性を隠したかについても聞いてみましたが、









特に意味無しw

とのこと


さらに隠したことすら忘れていたようです・・・


どうも昔の騙された苦い記憶が強くて、
深読みしすぎたようですね~




それでもまだ、
ピカットイチローはダミーでほかの馬に使うつもりではないか?
とか、疑っている自分がいるわけですが、
これもあの方のペースにハマっているのでしょうかw




そのピカットイチローが昨日の宝塚記念に出走していて、
あの方にしては珍しく武を使っていたので、勝負気配だなと思ってましたが、
結果は6着

まあ、勝ってほしくないのが本音のところですが、
いざここまで負けてしまうと寂しいものがありますね。


しかし、上位6頭中5頭が武って・・・
もう散々いわれていることですが、このゲームも末期状態ですな。







さて、
ずっとさぼってましたが、次回こそは
レインボークエスト改造計画の続報について書きたいと思います。


ではでは^^

お久しぶりです

約1年ぶりの更新です。

ブログ更新をやめてから1年以上が経ちますが、
今でも訪問してくださっている方がおられるようで、
ありがとうございます^^

このまま放置しておくのも気が引けるし、
ちょっと書きたいこともできたので、久しぶりに更新して見たいと思います。
期間限定ということになるかもしれませんが、よろしくお願いします^^



さて、ブログ休んでる間に、ゲーム内ではいろいろな改悪?がありましたね。

クエストの追加やカード騎手の登場はまだいいとしても、
最近では、EXペットにスペシャルギフトカードなんて出たときは
唖然としましたね。
そして先日の海外カー伝の登場w
あれで売上げが上がると本気で思ってるんでしょうか、運営は。

まあでも、100歩譲って
EXペットやスペシャルギフトカードは無くてもなんとかなるし、
海外カー伝もバラとクワガタ以外はろくなカードがないので良しとしても、
一番の改悪は、何といっても武カードの登場だったと思います。

1戦だけとはいえD鉄と同等の効果が得られるというのは、
ちょっとやりすぎですよね。
よくいわれているように、もはやクラシックではほぼ必須になってるし、
こんなものを500円で売るなんて・・・

商売としては成功なのかもしれませんが、
これで冷めてしまった人も多いのではないでしょうか。

自分も、武カードはあれば使うので偉そうなことは言えませんけど、
買ってまで使おうとは思いません。
とにかく武カードの登場は、このゲームにとって致命的だったと思います。
事実、このカードの登場以後、一段と引退者が増えてるような気がしますし。


まあグチはここまでにしておいて・・・

このゲームについては、すでにいろいろな攻略情報が出回っていますが、
まだまだ明らかになっていないこともあるし、誤った情報も流れていると思います。
その辺りについて、充電期間に分かったことなどを書いていくつもりです。

以前よりは見てくださっている方もかなり減っただろうし、
思ったままに好きなことを書きたいと思いますが、
誰かのことを批判しているわけではありませんので、
ご容赦くださいませ。


はっきりいってこのゲームのシステムはごく単純で、
攻略ガイドや攻略本に書かれていること以外の
攻略の要素はほとんどありません。
それは課金ゲームであるという性質上、しょうがないことかと思います。

例えば、もし高確率で高パラの馬が生産できる配合理論があったり、
簡単に突破&アビ取得できるような調教法が存在してしまうと
誰も金をかけなくなってしまいますからね。

もっと詳しく言えば、
生産については、ダビスタやウイポのように配合理論によって
簡単に産駆の能力アップが図れるわけではなく、
良い仔が生まれるかどうかは、アウトニックスで配合してほぼ運頼みですし、
調教については、
併せ相手の相性のことがよく話題になりますが、
はっきりいってどの馬を相手に選んでも大差ありません。

良い仔がほしければクワガタを飼って、選別には相場眼を使い、
突破したければカード使って、アビ付けたければEX助手つけなさい
ということになります。

また、いろいろと巷で噂されているようなオカルト的な要素は一切ないと思います。

例えば、人が少ない時間帯にはフリレの景品が出やすい、
有料カー伝の当たりが出やすい時間帯がある、
競走馬には裏パラがある、課金者は不利枠に入りにくい、
さらには運営批判すると不利枠が多くなるw など
これらはすべてデマだと思います。



まあ、この辺りの攻略についての内容はぼちぼち書いていくとして、
今後のブログを更新していく上で、核となるネタがほしいところなのですが、
何にしようかと考えていたところ・・・

岬さんがブログ復活されたときに、シンザン改造計画という記事があったのですが、
自分も同じことやってみようかと思います!
(岬さん、パクってすみません<(_ _)>)

今は異系統の種牡馬作りに力を入れているところなので、
ちょうどいいですしね


今まで手掛てきたのは、
パーソロン系、グレイソヴリン系、ノーザンテースト系、プリンスリーギフト系
フェアウェイ系、ヒムヤー系、カロ系、ヴァイスリージェント系、
マンノウォー系、ブランドフォード系、ハイぺリオン系で、
ある程度形になってきましたが、
どの種牡馬も祖先をたどると他の方の馬に行き着き、
自分の馬から作り上げた馬が一頭もいないことが少し残念なところでした。

なので今回は、異系統の種牡馬を一から作り上げてみたいと思います


さて、改造する馬は、岬さんと同じシンザンにしようかとも思いましたが、
ちょっとそこまで丸被りなのも申し訳ないのでそれは断念w

他の馬をターゲットにしますが、
どうせなら、今まで手掛けたことのない系統の馬にしたいところです。

そこで候補にあがったのは、ブラッシンググルーム系トウルビヨン系
異系統の馬にしてはどちらもニックス相手を考えると使えそうだというのが
選んだ理由です。


次に両系統の候補馬を考えました。

まず、ニックス相手のことを考えると、トウルビヨン系の方が使えるので、
この系統の種牡馬を探しましたが該当馬なしw

トウルビヨン系の種牡馬って、1回合成で出たフジヤマケンザンくらいしか
知らないのですが、いつの間にか使っちゃってたみたいです

残念ですが、トウルビヨン系はあきらめて、
ターゲットはブラッシンググルーム系に決定


ブラッシンググルーム系といえば、自分の中ではもうこの馬しかいません。
ダビスタでかなりお世話になったレインボークエストです

このゲームでは使ったことありませんが、
ダビスタのときの使える印象が強いので、なんとかこの馬から
いい種牡馬を作ってみたいと思います。


ということで、今後の目標は
レインボークエスト改造計画の達成です。

とりあえずは、この計画が完了するまでは、ブログを続けたいと思います。

では~

突然ですが・・・

月日の経つのは早いもので、
気が付いたらこのブログを始めてもう1年が経ちました。


他のブログとは違う内容のブログを書きたいと思い始めてみましたが、
途中からはアニヤさんがらみの記事ばかりになってきましたねw

ですが書きたいことはほぼ書きつくしたように思います。


大変唐突で申し訳ございませんが、
1年という区切りもいいことだし、本日をもってブログをやめようと思います。

いろいろと理由もあるし言いたいこともありますが、書くと長くなりますので、
はっきり言ってしまえば
ブログを書くことに対してのモチベーションがなくなりました。

(クルリンパのテロップが流れたからではありませんよ・・・あにやさん)



ブログを書いていたら、いいこともあれば悪いこともあると思いますが、
いろいろな方と知り合えたり、またフレになっていただいたりして
交流させていただけたことがブログをやって一番よかったことだと感じております。

そして、
こんなブログですが、今まで読んで下さった方には大変感謝申し上げます^^


今後もリンクさせていただいていた皆様のブログにはちょくちょくおじゃまして、
応援させていただく意味でコメントも積極的にしていきたいと思います。


では1年間という短い間でしたが、ありがとうございました^^




皐月賞は予想通りの結果にw

昨日の皐月賞の結果は・・・

皐月賞結果

マイケルアポロン号(マイケルさん)が勝利!!
さすがです。

なんか毎Sクラシック勝ってるようなイメージなんですがw
おめでとうございました^^


そしてあの方の馬は、

やっぱり3着(ドンマイ)

個性が根性系だろうから、不利枠でなければ同タイム決着で
ひょっとしてたかもしれませんけどね~
惜しかったw


今回は大駆け出てないタイムっぽいのですが、
まともな枠で、駆けたらどんだけ速いんでしょうか
(この馬がクルリンパと命名されなくて良かったデス


あと、本命と思ってたグルーヴさんの馬は実力を出し切れなかったのかな。

この馬も相当強いと思うので、今後に注目です^^





ところで、昨日の
あの方のブログでのコメによると、
今Sの夏ごろからクルリンパが出てくるとのこと
(成長普通なのに本当なのかw)


ほうほう


そうですか。


そいつは








望むところです


あにやさんのことだし、ウソかホントかわかりませんけどw
もし本当に夏ごろから出てきてくれたら
クルリンパ対策の2頭に、ホモカクテイまで総動員できますもんね


今Sの夏は熱くなりそうです!
(本当に出てくるのか?w)



ではでは^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。