☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビの効果について(ピッチ走法・ハイピッチ走法編)―訂正

先日記事にしたスタミナ系のアビについての検証については、
いろいろと勘違いやミスがあり、上手くいかなかったので
もう一度やり直してみることにしました。

そのときのサンプル馬のうちの1頭でもう一度検証してみます。


<サンプル馬>
ワールド
ワールドパラ
ワールドアビ
この馬の距離中心は2500mです。
前回は2400m2600mで計測して、その結果から距離中心補正が
かかる率が上がっているのではないかと考えました。

しかし、スタミナ系アビのほかにも「ロングスパート」を持っていて、脚質を「先行」
計測したため、持続系のアビも影響していたかもしれません。

そこで今回は、距離を前回と同じく2400m2600mとし、
脚質を「先行」「差し」にした場合で計測したタイムを比較することにしました。

また計測する回数も前回は10回と少なかったため、今回は20回に増やしました。
なお、騎手は100勝騎手で該当する能力はすべてSS、また馬のコンディションも
ベストの状態です。


それでは2400mと2600mでの計測結果です↓

(2400m)
          (脚質「先行」)      (脚質「差し」)
指数107 ・・・                   4回         
指数108 ・・・     4回           5回
指数109 ・・・     2回           2回
指数110 ・・・                   6回      
指数111 ・・・     13回          3回
指数112 ・・・     1回


(2600m)
          (脚質「先行」)      (脚質「差し」)
指数105 ・・・                   1回
指数107 ・・・     1回           4回
指数108 ・・・     9回           3回
指数109 ・・・                   1回
指数110 ・・・                   7回      
指数111 ・・・     8回            4回
指数112 ・・・     2回

まず、両距離とも、「先行」の方が0.1秒程度タイムが良いことが分かります。
これは言うまでもなく「ロングスパート」のアビの効果ですね。

次に中心補正のかかる率についてですが、2400m「先行」の場合以外は
どれも約50%と大差がないように見えます。スタミナ系アビの効果があるとすれば、
脚質に関係なくどの場合も中心補正がかかる率が上がるはずですが・・・
(100勝騎手であれば、アビがなくても中心補正がでる確率は最低50%はある)

この結果をみると、2400mの「先行」の場合だけ偶然偏った結果となっただけで
中心補正のかかる率についてはアビの効果とは関係ないと言えそうです。

また今回は20回測定しており、前回よりも信頼性があると思いますので、
前回の測定結果もたまたま偏った結果だったと考えるのが自然かと思います。

瞬発系のアビの検証でも、中心補正のかかる率については今回と同様な結果でしたので、
中心補正に関してはアビは関係ないということに訂正します。



次に、スタミナ系アビを持っている馬何頭か(牡馬限定)で1900m以下と2000m以上
の計測をしてみました。

詳しくは書きませんが、「ピッチ走法」だけ持っている馬でも
ほとんどは2000m以上の方が0.1秒速くなりました






先日の記事で、アビの具体的な効果としては次の3つではないかと書きましたが・・・
①能力補完効果(通常アビ→S相当、レアアビ→SS相当)
②特定条件における距離中心補正がかかる率の上昇
 (スタミナ系→2000m以上、瞬発系→差し、追込の場合など)
③特定条件におけるタイムアップ効果(同上)


このうち②については今回の計測結果から誤りだったと判断して削除します。
すみませんでした。


ということで、アビ効果についての現時点でのまとめとして以下のように訂正します。
①能力補完効果(通常アビ→S相当、レアアビ→SS相当)
②特定条件におけるタイムアップ効果―通常・レアアビに関わらず最大で約0.1秒
(スタミナ系→2000m以上、瞬発系→差し、追込の場合など)

結局攻略本通りというか普通になってしまいましたねw
検証の成果と言えば、②の部分についての具体的なタイム短縮分が分かったことくらい
でしょうか。

また、例えば、「ピッチ走法」「ロングスパート」を持っている馬が
2000m以上「先行」で走った場合、両方のアビで0.1秒ずつ
速くなるとすると、アビがない場合より0.2秒速くなるということがあるかもしれません。
これもいつか検証してみたいと思います。

なんとなくですが、ピッチとロングを持ってる馬って強い気がしませんか?
もしかすると上記のことが原因かもしれませんね。
そうなるとピッチとロングのセットはアビの付け方として一つの黄金パターンとなります。
同様にパーフェクトフォームとカミソリの切れ味を揃えた短距離の差し馬もそうです。


最後に①について、通常アビとレアアビの両者が揃った場合の効果についての検証が
上手くいきそうなので、近日公開したいと思います。

ではでは~^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。