☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにあの馬が始動・・・ ほか

一昨日、ついにあの馬が・・・

クルリンパデビュー戦

衝撃のデビュー勝ち

いきなり指数101が出ました

どうやらすでにかなり仕上がっているのは間違いなさそう
これはちょっと計算外だw


成長普通だろうから、上がり馬補正で指数2程度は速くなるし、
今後さらに手強くなりそうです


ただ、このレースで少し収穫がありました

あの方はきっちり得意距離、得意馬場で走らせてくることが多いので、
このダート1600mは得意条件なのでしょう

また
この前偵察したときは1800mで計測していたので、
おそらく1600m-1800mが得意(中心1700m)と見た!



それとも裏をかかれているのかな・・・





話は変わって~

先日、スピード系アビと瞬発系アビの複合効果について検証しましたが、
その後いろいろと追加で検証してみた結果について書きたいと思います。


まず、
あるカミソリの切れ味だけを持った馬で、脚質を先行差しで変えて計測してみると、
1度目はタイムが変わりませんでした。

が、次の日に同じ馬で調子等を変えてもう一度同じように脚質を変えて計測すると、
今度は0.1秒ほど差しの方が速くなりました。


タイムは小数点以下第2位を四捨五入していると思われますので、
瞬発系のアビの効果が例えば0.05秒くらいの0.1秒未満の効果と考えると、
上記のように、同じ馬でも効果が表れるときと表れないときがあるのに納得がいきます。

ただ
0.05秒というのは例えなので、実際は何秒の効果なのかは分かりませんが、
0.1秒も効果がないということは確かだと思います。

またナタの切れ味を持っていても、この効果については変わらない
というのは以前に検証済みです。


つぎに、パーフェクトフォームカミソリの切れ味の両方を持った馬の場合、
先日の検証では先行でも差しでもタイムが変わらなかったのですが、
これもカミソリの切れ味の効果がたまたま見えなかったためというのが
正しいと思います。


前回の検証の後、両方のアビをもったある馬でもう一度試したところ、
1200mでもちゃんと差しの方が0.1秒速くなりましたので、
スピード系アビとの複合効果はあるようです。


ということは、例えば短距離馬の場合、効果的なアビの揃え方は
とにかくパーフェクトフォームカミソリの切れ味を揃えることだと言えそうです。


アビはあればあるほどいいとは言いますが、
直接タイムに影響するアビはこれだけ(大駆けやウルタフは除く)でしょうから、
重要なのはアビの個数よりも中味だと思います。

例えば短距離馬なら、
最低限パーフェクトフォームカミソリの切れ味があれば十分で、
これに根性系のアビ(叩きあい不屈の闘志)が加われば競り合いにも
強くなるし、大駆けがあれば更なるタイムアップも図れるというわけです。

その他のアビもあれば便利なのは確かですが、なくても大差ないと思います。


ユーザー種で勝負するのなら、これらのアビを全部揃えるのは
個性変化が必須になり、難易度が高くなります。

できれば全部覚えたいところですが、
無理でも上記のうちの2つくらいは押さえたいところですね。

また
EX種牡馬の産駆が強いと言われる理由は、最初にボーナスアビがつくお陰で
これらの違った属性のアビを一度に揃えやすいところにあると思います。
(決して裏パラなんてものはありません)

あと
EX種牡馬産駆ばかりが新聞に載るのも、一つは宣伝の意味もあるとは思いますが、
もう一つはアビの効果を加味しているからではないでしょうか。



以上はアビの「特殊効果」に着目して書いてきましたが、
アビには能力の「補完効果」もあるので、
特定の能力が欠けている場合は、その個性のアビで能力を補完することを
優先させた方がいいということも当然あります。

この辺りがこのゲームの奥深さということになるのでしょうけど、
いかに生産時に、目的に合った狙いの個性にするかということが
このゲームでは重要と言えそうですね。




ではでは^^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。