☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボークエスト改造計画 4世代目 1頭だけ全使ってみた

ネタ不足のため、しばらく更新をさぼってました。すみません。

今日もレインボークエスト改造計画の話題です。

25Sも残り少なくなってきましたが、
4代目の種牡馬からは、すでに何頭か牡馬が生まれています。


4代目で生産した馬たちには、
全も他の相場眼も一切使っていませんでしたが、
一体どんな馬が生まれたのか気になるし、
ネタもないので1頭だけ全を使ってみました。



その全を使った馬のはこちらです↓

ブラックキャニオン

持続もSSの☆35です。

現役時代の現の埋まり具合からすると、いくつかスカスカのパラもありましたが、
4代目で生産した馬の母の中では一番パラの良い馬です。



そしては、前回記事でご紹介したこの馬です↓

レインボーイエロー

この母と父の配合は、一応アウトニックスになります。



さて、この両親から生まれた産駒に全を使った結果、
パラはこうなりました↓


全使ってみた

パラを見ると、左パラは☆33ということで若干母より下がりましたが、
おおよそ母の能力は受け継いだ馬が生まれました。

また、右パラもほぼ母馬の能力通りじゃないかと思います。


まあ、距離適性が2400-3000の時点で肉確定ですが・・・

ほかの馬たちも、こんな距離適性になってなければいいんだけど^^;


ここで少し考察ですが、
父のパラはスピード気性と低く、
父のパラが影響するならば、この辺りが特に問題となりそうですが、
産駒のこれらのパラは普通にSSになっています。

また、「ゲートのパラは父の気性パラに影響される」と攻略ガイドには書かれていますが、
父の気性がDにも関わらずゲートはSSになっているので、
これもさほど影響ないレベルといえるでしょう。


ということで、
この産駒のパラを見ても、やぱり父の左パラは関係ないといえそうです。





ちなみに、母のパラが☆35の場合、
仔馬でそのパラを維持するのは
種牡馬の遺伝がSSであってもそう簡単ではありません。


レインボークエスト改造計画の1代目と2代目の産駒について、
母馬のパラからの変動を調べたことがありましたが、
そのときの牝馬は、大抵のパラがB~D程度で、
そこから上がったパラと下がったパラのトータルで評価していました。


しかし今回のように、母馬がオールSSだと、SSより上のパラはありませんので、
仔馬の各パラは、表記上、下がることはあっても上がることはありません。

つまり、下がったパラのみで評価することになってしまうので、
よくて現状維持(±0)で、1個でも下がったパラがあれば
トータルでマイナス評価になり、
条件がかなり厳しくなるというわけです。


だから、1代目や2代目で低パラの牝馬からのパラ変動を調査したときと、
☆35の牝馬と使った場合とでは話が全然違います。


母の☆35から、この産駒のように☆33に下がることは、
公開種など普通の遺伝SSの種牡馬をつけていてもよくあることです。












話は変わって、馬主会対抗戦についてですが、
前回の記事から昨日までで10勝して、アイテムが貰えたのは4回で、
内訳は柏木フルーツ×1、現相場眼×2、カー伝コイン×1でした。

ということで、アイテムの当選確率と内訳は、
現在までの累計で、

8/21(38.1%)

(内 訳)
 全相場眼・・・1枚
 現相場眼・・・3枚
 ビタシロ・・・1枚
 カー伝コイン・・・2枚
 柏木フルーツ・・・1枚

となりました。


まだまだデータ不足ですが、なんとなく現が出やすいのかなという
感じですね。


ではでは^^

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。