☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回

4月にブログ復活してから、約半年という短い期間でしたが、
書くネタもなくなってきたので、ここで一旦終了としたいと思います。

今まで訪問して下さった方ありがとうございました。

元々期間限定での復活のつもりだったので、
よく半年続いたなと思います。


この半年で、書きたいことはほぼ書きつくしたし、
レインボークエスト改造計画も終わってしまったので、
ネタ切れになったのがブログ終了の一番の理由です。


あとは今受けようとしている資格試験があって、
そっちに集中したいというのもあります。

身勝手な理由ですが、大変申し訳ありませんm(_ _)m




今日はもう最後なので、書きたいことを書いて終わりたいと思います。


4月にブログ復活してから特に書きたかったネタとしては、
改めて言うまでもないかもしれませんが、

①生産での種牡馬の選び方、良い種牡馬の条件について
②併せの相性について


の2点です。


ほぼ攻略しつくされて、攻略要素がないと思われているこのゲームですが、
いまだに完全に解明されていない点があるとすれば、
この2点だと思います。



①の種牡馬については、レインボークエスト改造計画を通じて、
良い種牡馬の条件を詳しく書いてきたつもりです。

まず、
種牡馬については、よく仔出しがどうだこうだと言われますが、
実際には遺伝が高いほど仔出しが良いだけのことなので、
深く考えずに遺伝が高い馬をつけていればいいです。

例えば、遺伝Aなのに仔出しが良い種牡馬なんていません。
たまたま良い馬を連続して出すことはあるでしょうけどね。


また、
種牡馬選びのときは、遺伝と距離適性、個性、成長型だけを見て、
遺伝以外のパラは無視してもかまわないと思います。


種牡馬のパラの無意味さについては何度も書いてきましたが、
これはゲーム性を考えれば当然のことです。

もし種牡馬のパラの影響が大きかったら、
例えば、システムのラフィアン、クリフジなどからでも、
☆35の種牡馬で代つなぎしていけば、
2~3世代でオールSSの馬が簡単に誕生してしまうことになります。

これでは運営も金儲けできませんし、
ゲームバランスもおかしくなりますから、
今のような仕様になるのも仕方ないことだと思います。



あと、配合理論についてですが、
このゲームには、攻略ガイドに書かれていること以外の
難しい配合理論はありませんし、
特定の組合せが特に相性が良いということもありません。


例えば、無料時代にお世話になった、

ラフィアン×バックパサー

などの配合は黄金配合として有名ですが、
特にこの2頭に特別な相性の良さがあるわけでもなく、
ボールドルーラー系×バックパサー系のニックスがとりわけ
相性が良いということでもありません。
(ニックスについては、どの組合せでも同等の効果です)


無料で手に入るカード種牡馬で、遺伝が高く、
ラフィアンとアウトニックスになるという条件に、
たまたまバックパサーが合致しているだけのことです。

だから、ラフィアンとアウトニックスになる遺伝SSの種牡馬がいれば、
当然そっちをつけた方がいいです。



その他には、因子のこともよく話題になりますが、
因子はインブリード配合でその馬をクロスして初めて効果を発揮するので、
生産ではインブリード配合はほとんど使われないわけだから、
実質的には因子があるメリットはないと言っていいです。




次に②の併せの相性についてですが、
詳しくは記事で書いたとおりなので省略しますが、
現時点で相性の良い組合せとして常識化されている情報の
ほとんどはデマだと思います。


言ってみれば、そういう情報は一種のおまじないと変わりません。

おまじないだから実際には効果ないわけですが、
その方法でたまたま上手くいくと、
そのおまじないが効果あるように錯覚し、
ますますその方法しかやらなくなるというわけです。


実際のところは、併せ相手の差よりも
助手のランク差の影響の方が遥かに大きいと思います。






生産にしても、併せ調教による突破、アビ取得にしても、
ある確率の上で操作されていることなので、
上手くいくこともあれば、失敗することも多々あります。


生産でも期待馬はそう簡単に生まれるものではないし、
併せにしても失敗することがほとんどです。

生産と併せについては、成功する確率が低いからこそ、
たまたま上手くいった方法を、何となく効果があるように錯覚しやすく、
その情報がデマとして広がっているということだと思います。




このブログを最初に始めたときは、
競伝歴も1年ほどで、まだ仕様をよく理解していませんでしたし、
最初の頃の攻略記事は、今読み返すと恥かしくなるような内容も
あったわけですが、
今ではこのゲームはとても底の浅いゲームで、
攻略法を深く考えても仕方ないという考えになりました。

まあ、その中でも工夫すべき点は何点かあるわけですけどね。
それはこれまでの記事の中で書いてきたつもりです。




また書きたいことができたら復活することもあるかもしれませんが、
現時点でのネタは尽きたので、
とりあえずのところは今日で最後にします。


今まで読んで下さった皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。