☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GⅠ馬の仔出しは・・・

GⅠ勝ち牝馬は仔出しが良いということを良く聞きます。
これは言い換えれば、名声値が高いほど仔出しがいいということだと思います。

この点については公式にも記載がないですし、真偽のほどは分かりませんけど、
なんとなく感覚的に正しいのではないかと思いますが、
どうなんでしょうね~

あまりGⅠ勝ち牝馬自体をたくさん所有しているわけではありませんが、
今Sに、私が所有しているGⅠ勝ち牝馬から生まれた仔馬を紹介してみたいと思います。

<福島鯖編>
福島鯖では3頭ほどGⅠ勝ち牝馬がいるのでご紹介します。
まず、1頭目はこちらです↓
ボヤージ
(主な勝ち鞍:英2000G)

母父の遺伝はSSです。隠れている持続はSSでした。
曲がりなりにも海外GⅠ勝ちなので、名声値はまずまずではないかと思います。

そして生まれた仔はこちら↓ (父は公開種でアウトニックスです)
ファイナル
ファイナルパラ
推定ですが母☆30→☆28に劣化・・・乙


続いて2頭目です↓
オフロ
(主な勝ち鞍:JBCクラシック、名古屋大賞典)

母父はEXサクラユタカオーで遺伝はS(遺伝詐欺ですがw)です。持続はAの☆30でした。
スピード、スタミナもSどまりで馬場適性も悪い、一見欠点だらけの馬で、
名前も適当に付けたのですが、なんと福島鯖史上ダート最強馬とも言える
みつくにさんの「リトルキラービー」に勝ってしまうという奇跡を起こした馬です。

アビはロングスパート、ピッチ走法、マッスルボディで成長がやや晩だったので、あのレース
だけ上がり馬補正とアビの効果がフルにかみ合ったのでしょう多分w
勝てないのは分かってましたので、その後は逃げ続けましたけどねw

父は会種で、欠点の持続アップのインブリードをかけてみましたが・・・
バッグ
バッグパラ
こちらも推定ですが母☆30→☆28に劣化でしかも持続ダウンって・・・乙


最後は何回かこのブログでもご紹介してますが、この馬です↓
タキオン
(主な勝ち鞍:ヴェルメイユ賞、BCターフ)

母父はEXアグネスタキオンで遺伝はSです。持続はAでした。
海外GⅠ2勝なのでこの中では一番名声値は高く、期待の繁殖です。

なけなしのEX種牡馬、EXマインザットバードを投入しました。アウトニックスになります。
結果はこちら↓
メイク
メイクアビ
適性おわたw
今回の蹄鉄効果の改正がなければ即肉でしたが、一応残します。
右パラは単なる事故でしょうから、左パラだけで見ると、
欠点だった持続がSSになってますし、他のパラも、やや劣化気味ですが
まずまずじゃないかと思います。
ただ母の☆33→☆32と☆の数ではこの仔も劣化しました。

あと母馬は、白毛人参で無理やり白毛にしましたが、子供には遺伝しませんでした。
やっぱり白毛って遺伝しないのでしょうかね~

なんか3頭とも無難といえば無難ですが、今回に限って言えば、
驚くほど仔出しがいいとは言えません。



<新潟鯖編>
たまには新潟鯖のことも書きます。
新潟鯖にも、奇跡的にGⅠ勝ちした牝馬が2頭います。
その仔たちをご紹介します。

まず1頭目はこちら↓
シューティンスター
(主な勝ち鞍:英2000G、プリークネスS、エーデルワイスS)

母父の遺伝はSです。持続がAと弱点でした。
海外GⅠを2勝しているので名声値はまあまあ高いと考えられます。

生まれた仔はこちらです↓ 父はアウトニックスとなる会種牡馬です。
スター
スター2
ほとんど母とそっくりです。
弱点の持続までしっかりと受け継いでくれましたw
でもまあこれは成功の部類でしょうか。


もう1頭の牝馬はこちらです↓
ライジン
(主な勝ち鞍:桜花賞、愛1000G、阪神牝馬S、クイーンC)

母父の遺伝はSです。この馬は新潟鯖で2S前に初GⅠ&初クラシックをもたらしてくれた
一番思い入れのある馬です。持続はAの☆30で、入厩時の現の形も悪く駄馬と思い、
助手もずっと舘岡のままで突破もかけていませんでしたが、
そんな馬で勝ててしまったのはミラクルだと思っています。
アビも大したことありませんでした。

SSのパラはすべてSSの壁まで埋まってましたので、良かったとすればその辺りか
と思いますが、突破マンセーのこのゲームで突破なしでも大きなGⅠを勝てることを
教えてくれた貴重な馬でした。

種付けした馬は、新潟鯖で一大旋風を巻き起こした「ブッシュドノエル」で、
アウトニックスとなります。生まれた仔はこちら↓
アロー
アロー2
母の☆30から、スタミナと気性が1ランクダウンの☆28です><
救いは父の個性がランナーなので、受け継いでくれれば多少望みはありそうですが
配合結果としてはやや失敗です。
ちなみに昨Sも同じ配合で☆31が生まれましたので、これを考慮すると仔出しは
まずまずなのかなとも思います。

とまあ新潟鯖の方も、感触としては福島鯖の3頭と同じような気がします。


今回5頭のうち☆の数で現状維持が1頭、他4頭は☆1~2ほど劣化という結果でした。
生産については運の要素が強いですし、私の配合が悪かったのかもしれません。
この5頭だけでは結論が出ませんが、大きく劣化したような仔馬はいなかったので、
安定感はあると思います。今回の5頭の母父の遺伝はS~SSだったのでそのことも
安定した仔出し影響しているかもしれません。

もちろんGⅠ勝ちのない馬でも仔出しのよい牝馬はいるので、名声値がすべてでは
ない気はします。OP勝ち以上あった方が仔出しがいいような気がするのも確かですが・・・
今のところはまだよくわかりません。

気が向けば来S以降も統計はとってみたいと思います。

ではでは~^^








スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。