☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叩き合いの効果について

この前、根性系アビの不屈の闘志の効果について検証してみましたが、
今回は、叩き合いだけでどの程度効果があるのかについて検証してみます。


不屈の闘志をGETできることはなかなかありませんが、
叩き合いなら比較的簡単に取得できるので、
はたして叩き合いの効果がどの程度なのか気になるところではあります。


検証方法は前回と同じで、
2頭のサンプル馬を用意してフリレで対決させてみました。



ではまず用意したサンプル馬の紹介です。


1頭目(以下A馬)は、叩き合いを持っているこの馬↓

<A馬:叩き合いあり>
シジュウカタ
シジュウカタパラ4
シジュウカタアビ
昨S、あにやさんとの種交流で生まれたこの馬ですが、
ようやくレースに出せそうなところまで成長してきました♪

個性はパワー系で、根性のパラはSどまりですが、
アビに叩き合いがあります。

せっかくなのでこの馬を使って検証してみます。



2頭目(以下B馬)は、叩き合いを持っていないこの馬↓

<B馬:叩き合いなし(根性SS)>

オメガタイガー
オメガタイガーパラ
オメガタイガーアビ

根性系のアビはありませんが、
根性パラSSのMAXまで埋まっています。

根性のパラに関して言えば、叩き合いの効果でSのMAXになっていると思われる
A馬よりも高いと言えます。



さて、この2頭を同じタイムで走るように調整し、
フリレで10戦ほど対決させてみました。


今回は叩き合いを持っているA馬の方が、
パラだけで言うと根性SSのMAXのB馬に劣っている状況での検証です。


この対決では
競り合いでの強さについて、アビ(叩き合い)が重要なのか、パラの方が重要なのかが
はっきりするのではないかと思います。


では検証開始!


↓はゴール前の映像ですが、内がA馬です。
ゴール前、競り合いを制したのは・・・

シジュウカタテスト2

僅かに内のA馬が優勢!

タイムは・・・

シジュウカタテスト

同タイムでA馬が勝利!

こんな感じで10レース対決させた結果は、


A馬の10戦10勝でした。



ということで、結果は不屈の闘志の検証のときとほぼ同じと考えてよさそうです。

つまり、
叩き合いを持っていると、
たとえ相手の根性がSSのMAXでも
必ず競り勝つ


ということが言えそうですね。




さて、今までの検証では、片方だけが根性系アビを持つ場合について
試してきたのですが、

では
両方根性系アビを持っている場合はどうなるのかとか
逆に両方ない場合はどうなるのかなど、試してみたい組合せは
ほかにもあります。

なかなか条件の合う2頭を探すのが大変で、
さらに2頭とも同タイムになるよう調整するのもタイミングが合わないと
難しいのですが、このような組合せでも機会があれば試してみたいと思います。


攻略系の記事もネタが尽きつつあるので、
このネタでできるだけ引っ張る予定ですw


ではでは^^

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本日6月5週、土曜函館11R、1000万下ダ1700mに出走した
6番人気のヴェスパという馬ですが、2着馬とタイム差なしの鼻差3着でした。
根性はSで、アビは叩き合いと不屈の闘志だけを持っています。
もしかしたら2着以下の争いはアビ効果が薄いのかも!?
もしくは2着馬も叩き合いと不屈の闘志を持っていたのかもしれませんね(^^;
少しでもみなさまの参考になれば幸いです。

JKA | URL | 2010-12-08 (Wed) 22:02 [編集 ]


そのことには何となく気付いてましたが、
たぶん根性系アビが関係あるのは1着争いだけだろうと思います。

あと根性系アビがないときは騎手の差で決まるのかもと思ってますが、これはまだ未確認です。

貴重な情報ありがとうございました^^

いちろー | URL | 2010-12-09 (Thu) 21:31 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。