☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピード系と瞬発力系のアビの複合効果について その1

今回は、アビの特殊効果についての検証をしてみました。

特に注目したのは、スピード系アビ瞬発系アビの複合効果についてです。


例えば個性がスピード系だと、Pフォームカミソリの切れ味を一緒に覚えることが
多いですが、このような場合に複合的な効果があるのでしょうか?



おさらいですが、
攻略本では、両個性のアビの特殊効果について、次のように書かれています。

スピード系アビPフォーム、Sフォーム)の効果>
「レースの距離が1500~1800mの場合はプラス効果があり、
 1000~1400mの場合は大きなプラス効果がある」



瞬発力系アビカミソリ、ナタの切れ味)の効果>
「脚質が差し、追い込みの場合は追加のプラス効果がある」


では両方の個性のアビを持っていた場合、どの程度の効果があるのか?
というのが今回のテーマです。

例えばPフォームカミソリの切れ味を持っている馬が
1200m差しで走った場合、
両方のアビの効果が有効になると考えられますが、
アビがない場合と比べて一体どのくらい指数が違うのでしょうか?



まず最初に、スピード系アビだけの場合の効果について
↓の馬で確認しました。

オメガタイガーパラ
オメガタイガーアビ

この馬で、以下の距離での指数を計測して比較します。
1000m~1400mの指数
1500m~1800mの指数
2000mの指数


ただし、騎手能力の仕様上、
これらの距離のすべての適性がSSという騎手はいないので、
2人の騎手を使い、1人目で上記の①と②の比較2人目で②と③の比較を行いました。


では各距離での指数の計測結果です↓

<1人目の騎手での比較:1000m~1800m>
距離1000m1200m1400m1600m1800m
指数107107107106106


<2人目の騎手での比較:1800m~2000m>
距離1800m2000m
指数106105

指数については、各距離で何度か計測して一番多く出たタイムを採用しています。
また、中心補正が出る距離では補正なしのタイムを採用しました。


この結果をみると、2000mと他の距離との比較から、
スピード系アビの効果によって
1500m~1800mで指数1
1000m~1400mで指数2

速くなると言えそうです。

馬によって差はあるかもしれませんが、目安としてはこのくらいだろうと思います。


結局、攻略本の記述通りの結果となりましたが、
1000m~1400mで指数2上がるというのはかなり大きいと思います。

短距離戦では、スピード系アビはかなり有効なアビと言えそうですね。





また次に、瞬発力系のアビだけを持つ馬で、
先行と差しの指数を比べてみました。

これは以前にも検証したことがありましたが、結果だけ書くと、
差しの方が指数1速くなりました。





ここまでは、スピード系または瞬発系のアビだけを単独で持っている
場合についてでしたが、両方持っている馬だとどうなるのか・・・


長くなるので続きはまた明日ということで


ではでは^^
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。