☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピード系と瞬発力系のアビの複合効果について その2

昨日の検証では、スピード系と瞬発系アビを単独で持っている場合について
それぞれ検証しましたが、結果をまとめると
スピード系アビを持っている場合は最大で指数2上がり、
瞬発系アビを持っている場合には差し(追い込み)にすると指数1上がりました。


では、両方のアビを持っているとどうなるのか。

例えばPフォームカミソリの切れ味を持った馬が
1000m~1400m差しで走ると、両方のアビの効果で指数3上がるのでしょうか?




検証に使ったのは、Pフォームカミソリの切れ味を持っているこの馬です↓

ホンジャマカパラ
ホンジャマカアビ

検証方法は、昨日と同じく1000m~2000mの距離を2人の騎手を使って
走らせますが、今回はさらに各距離で先行差しの場合の指数も比較します。



まずは先行で走らせた結果です↓

先行で走らせているので、瞬発系アビの効果は発揮されず、
スピード系アビの効果のみ有効になっていると思われますが・・・

<1人目の騎手:1000m~1800m>
距離1000m1200m1400m1600m1800m
指数(先行9090898989

<2人目の騎手:1800m~2000m>
距離1800m2000m
指数(先行8988

1200mと1400mの指数が違うのがなぜかよく分かりませんが、
それ以外の部分は、昨日のスピード系アビだけの場合の計測とほぼ同じ傾向だと思います。



では次に、差しにして計測してみました。

単純に考えると、
今度は先ほどの指数に瞬発力系アビの効果も上乗せされるはずですが、
結果は・・・

距離1000m1200m1400m1600m1800m
指数(先行)9090898989
指数(差し9090898989

距離1800m2000m
指数(先行)8988
指数(差し8988


・・・とまったく変わらず

う~む。
これはどういうことなのか。


1頭だけの検証では何とも言えない部分もありますが、
今回の計測結果だけで見れば、
スピード系アビの効果があるのは明らかですが、
瞬発力系アビの効果は確認できませんでした。

特にスピード系アビの影響のない2000mでも
先行差しの指数が一緒なのが気になります。



いろいろと自分なりに考えてみた結果、
現時点での結論としては次の2つのどちらかではないかなと・・・

①瞬発系アビの効果もあるが、効果が小さいため(例えば0.5秒とか)
 今回のサンプル馬のように効果が分からない馬もいる。


②スピード系アビの方が効果が高いため、両方ある場合は
 瞬発力系アビの効果は無効になる。



まあ2つとも間違っている可能性も十分あるわけですが、
無難に考えると①だとは思います。

これが正しいとすれば、馬によっては瞬発力系アビの効果も追加され、
例えば1000~1400mで指数3上がるということもありえることになります。


ただ、再確認のためもう1頭Pフォームカミソリの切れ味を持つ馬で
同じ検証をしてみましたが、上のサンプル馬と同様な結果となりました。

たった2頭だけの検証なのでたまたまかもしれませんが、
少し気になるところではあります。



また、今回の結果を見る限りは②の方が正しいという可能性もあります。

あくまで可能性があるという程度で、多分違うとは思いますが。

もし正しいなら、
先行よりも差しの方が不利枠になる確率が高い分不利ですから、
あえてカミソリを持っていても先行にするという戦法も考えられますね。




今回は少し結論があいまいな感じになってしまいましたが、
いずれにせよこのデータだけでは正しい結論は出せないので、
今後も何頭かで検証してみたいと思います。





(おまけ)

本日ホモカクテイフェブラリーSに出走します~

この馬の目標はもちろんGⅠ勝ちですが、
今後の作戦をいろいろと考えた結果、適距離のGⅠも当分ないので
当面は・・・








当たって砕けろ作戦


メンバー的に本日のフェブラリーSは少し厳しい感じですが、
とりあえず出せるGⅠは特攻しまくって
どこかで一つまぐれで勝ってくれないかな~



ではでは^^




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。