☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い種牡馬の条件とは―その1

レインボークエスト改造計画について書く前に、
まず良い種牡馬の条件について書きたいと思います。

生産は運とはいえ、良い馬が生まれる確率を少しでも高めるために
良い種牡馬を選ぶことは重要です。

では、良い種牡馬とはどういう条件を備えた種牡馬のことでしょうか?


よく仔出しのいい種牡馬とか悪い種牡馬とかいいますが、
それはあいまいな基準です。
何頭か生産した中で、たまたま良い馬や悪い馬に連続して当たっただけのことで、
参考程度でしかありません。

仔出しについて言うならば、遺伝SSの種牡馬で仔出しの悪い種牡馬は存在しません。
生産においてまず重要視すべきなのは、とにかく遺伝SSの馬をつけることであって、
遺伝SSであれば、どの馬を選んでも仔出しの面では大差ありません。



また、これはもはや多くの方が認識されていることなのでしょうけど、
「種牡馬の仔出しの良さは遺伝パラが最重要であって、左パラはほぼ関係ない」
ということです。

自分はこれまでの生産の結果から、種牡馬の左パラは全く関係ないと思っていますが、
一応攻略ガイドには「産駒のパラは両親から受け継がれる」
というようなことが書いてあるので、少しは関係あるのかもしれません。

ただ、影響あるとしても、ごくごく軽微なものというのは間違いありません。

例えば繁殖牝馬のスピードがSSの場合、種牡馬(遺伝SS)のスピードがEでも
普通に仔のスピードは高確率でSやSSになります。

また、低パラの牝馬に、いくら☆35の種牡馬をつけても駄馬しか生まれません。
あくまで仔馬のパラは牝馬依存です。

これらは1、2頭だけの結果ではなく、何頭も種付けしてみた結果です。
種牡馬のパラの関連性については、
詳しく検証してみようかと考えたこともありましたが、
このとおり検証しなくても結果は明らかなのでやめました。

よって極端な例でいえば、仔出しの良さだけをいうなら、
左パラオールSSの遺伝Sの種牡馬と、オールEの遺伝SSの種牡馬とでは、
後者の方が優秀な種牡馬ということになります。

こんなことは普通の競馬ゲームではあり得ませんが、
このゲームは普通ではありません。



よくいろいろなブログで、「この種牡馬は、パラの割りに仔出しがいい」
という言葉を目にしますが、そういう馬は遺伝SSのことが多いです。

だから「パラの割りに仔出しがいい」というのは当たり前のことです。
パラなんて関係ないのですから。

また、牝馬のパラの足りないところを補うようなパラの種牡馬を付ける、
相互補完なんて配合理論もあるようですが、これもほぼ無意味です。

もし、この配合理論が成立するのなら、低パラの牝馬でも
簡単に次の代で能力の底上げができてしまうことになりますが、
実際にはそんなことはありません。


あと、種牡馬の名声値についてですが、
名声値が関係するのは、因子のつきやすさとかレア個性の継承のしやすさといった
補助的な要素であって、仔出しには影響しませんし、
たとえ因子がついたとしても仔出しには関係ありません。

もし名声値の影響があるのなら、
名声値が高いであろう全体公開種からしかいい馬が生まれない
ことになりますが、そんなことはないですからね。
競争実績のない会種からでも、十分良い馬は生まれます。


ところで、遺伝S以下がダメかということについてですが、

遺伝SSでも駄馬は生まれるし、
遺伝S以下でも、いい馬が生まれるときはありますが、
やはり確率的には遺伝SSの方が良い馬が生まれやすいです。

よほど思い入れのある馬なら遺伝S以下でも残す理由はあるかもしれませんが、
鯖オープン当初ならともかく、これだけ遺伝SSの種牡馬がたくさんいる現状では、
遺伝S以下の種牡馬を残す意味は全くないと思います。


と、ここまで遺伝SSの重要さを書いてきましたが、もうひとつ書くと、
繁殖牝馬になっても、おそらく母父の遺伝は仔出しに影響していると思います。
つまり遺伝SSの種牡馬をつけることは、いい繁殖牝馬をつくることにもつながり、
すべてがうまくまわるようになるというわけです。

また、EX種牡馬の使用についてですが、
後の代のことを考えるならば、遺伝S以下のEX種はつけずに、
遺伝SSのユーザー種牡馬をつける方が正解といえます。

早いうちに繁殖牝馬や種牡馬も充実してくるし、
金もかからないですしね。

EX種産駆は、たしかに3歳戦までは優位に進めることができますが、
その代限りだし、種牡馬になってもよくて遺伝S(遺伝SSのEX種産駆は除く)のことが多く、
繁殖牝馬になっても、母父遺伝SSの繁殖には劣ります。

EX種牡馬の多用は、その代だけではいい思いができるかもしれませんが、
後の代のことを考えると、マイナスになります。


もっとも、ユーザー種産駆でも特定のアビを覚えることで、
大抵の場合はEX種産駆に十分対抗できますので、とくにEX種は必要とは思いません。

まあ、早熟~やや早路線で、アビ3のEX種産駆で全壁まで突破したような馬は、
3歳戦まではお手上げですけどねw
そんな馬からは逃げるようにしています。


というわけで、うちではこれまでEX種はほとんど使わずに
遺伝SSのユーザー種を主力にやってきましたが、
今では繁殖もかなり底上げされ、自然突破数回のみで全壁になるような馬も
1Sに1~2頭は生まれるようになりました。


このように遺伝SSは良い種牡馬の最低条件なのですが、
遺伝SSの種牡馬の中でもやっぱり優劣はあるわけで、
それについては次回に書きたいと思います。

ではでは^^
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

更新お疲れ様です。

そうですね。クラシックを目指すならEX種は使えますが、グランドスラム狙いでは殆ど成功しないですね。
最初の頃にEX種を使う事が多かったためにその後の生産が悪い事に気が付いて最近は公開種と馬会種中心に切り替えて少しずつ良くなってきた感じです。
EX種の遺伝力SSも怪しげに感じてしまいますが、大丈夫なんですかね?
あとは、右パラの突然変異SとSSでEとかはどうにもなりませんよね?今Sも☆35、5頭のうち2頭が芝Eで><
マイブームの種牡馬は遺伝力と芝がSSの馬です。

ジェダイ | URL | 2012-04-24 (Tue) 17:46 [編集 ]


祝!復活です(`・∀・´)

遺伝SSの重要性は、いちろーさんの馬を見てるとよ~くわかります^^遺伝Sのあの馬を即手放したりしてましたもんねw

シリーズ楽しみにしてぃます(#^.^#)

ゆに | URL | 2012-04-25 (Wed) 17:26 [編集 ]


>ジェダイさん

コメありです^^
それは晩成系のEX種が少ないからでしょうね~
もし晩成系でレアアビ付きのアビ3のEX種が出たら世界が
変わるでしょうけどね^^;

また、EX種の遺伝については、
遺伝詐欺があった頃は信用できなかったかもですが、
今はそんなことないと信じてますw
あまり付けたことないので、よくわからなくてすみません。

良い馬に限ってEEジャンプwドンマイです^^;
右パラの突然変異はどうしようもないと思いますが、
種牡馬の適性パラは良いにこしたことはないですね^^


>ゆにさん

復活といっても長く続くかは微妙ですが、
よろしくお願いします^^

あの馬は、手放したつもりだったんですが、
なぜか今はあの方のところにいたりしますw
まあ、うちでは使わないからこれでよかったのかもw

どもコメありがとうございました^^

いちろー | URL | 2012-04-25 (Wed) 23:28 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。