☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボークエスト改造計画 2世代目に突入~

レインボークエスト改造計画は2世代目に入りました。


前回、1代目の種牡馬を2頭選びましたが、
その2頭をもう一度紹介します。


(種牡馬No.1)
レインボーフェロー
          
・エキシ結果   1200△ 1600△ 2000▲ 2400◎ 3000△
・距離適性(推定)   (中心2500は確定、距離幅は広い可能性あり)


この馬は、距離幅が分からないのが難点です。
その他は完璧なんですがね^^;




(種牡馬No.2)
レインボーワン

・エキシ結果   1200- 1600- 2000△ 2400◎ 3000-
・距離適性(推定)   2300-2700


反対にこの馬は、距離適性は完璧ですが個性が微妙です^^;



ただし、次の代で個性を改善するのはそれほど難しくないですが、
距離適性の距離幅を狭くするのはなかなか難しいので、
その意味ではNo.2の馬の方が優秀と思います。




さて、まずは
No.1の種牡馬の距離適性がよく分からないので、
何頭か生産してみて、産駒の距離適性を調べてみました。

もし産駒の距離幅が広いようなら、父の距離幅も広い可能性が高いので、
その場合はこの種牡馬には見切りをつけて、
No.2の種牡馬のみ使うことにします。


そこで、7頭ほど生産して、
例によってエキシの印を調べてみました。

 12001600200024003000距離適性(推定)評価
No.12000-3000くらい?
No.22200-2800くらい?
No.3?(幅広めかも)×
No.42100-2900くらい?
No.5?(幅広めかも)×
No.62400-3000×
No.72200-2800くらい?


エキシの印は、◎の印以外は絶対ではないので、距離適性はあくまで推定ですが、
距離幅の狭い馬は、適性外の距離で「―」がつきやすくなるので、
なんとなく分かります。

7頭の産駒たちのエキシの印を見ると、距離化けした馬も何頭かいそうですが、
全体的には可もなく不可もなくといったところです。


これらの産駒の距離幅から判断すると、
父の距離幅は特に広いわけでもなさそうです。
まあ、800m~1000mくらいの幅ではないかと予想します。

ただ、これでも悪くはないですが、準スペシャリストクラスの距離幅でもなさそうなので、
その点ではやはりNo.2の種牡馬の方が優れています。




というわけで、当面はNo.2の種牡馬を優先的に使っていきたいと思います。

また今の仕様では、調教クエでも個性が分かるようになったので、
なるべくスタミナ系や持続系の馬だけ選んで残していくことにします。


これで来Sには、遺伝SSでスタミナ系or持続系の距離適性も完璧な
種牡馬ができる・・・はずw



次回はちょっと先になりそうですが、
この方針で作った2代目の種牡馬たちをご紹介したいと思います^^

ではでは~
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。