☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

併せの相性について-突破の相性 その2

前回の続きです。

今回は少し長くなりますが、
残りを一気に書きたいと思います。


今回のテーマは相性の良し悪しによる突破率の違いがどの程度か
についてです。

ただし、前回で書いたように、
相性の良し悪し自体を判別する方法がなく、
相性による突破率の違いなど正確に分かるはずがないので、
あくまで推測になります。





以前にこのブログでは、
併せでのアビ取得率と突破率について検証したことがあります。


併せのアビ取得率と限界突破率について

併せのアビ取得率と限界突破率について その2



実はこの記事を書こうと思って検証を始めたとき、
併せの相性なんてあまり気にするほどではないな
ということはすでに感じていたので、あえて適当に相手を選び、
助手のランク差によるアビの取得率と限界突破率のみに着目して
検証してみたわけです。



簡単にそのときの検証結果を書くと、
例えば低助手と高助手(EX助手)とを比べた場合、

アビ取得率は低助手で約6~7%高助手で約12%
限界突破率は低助手で約4%高助手で約8%

となりました。


もちろん、試行回数はそこまで多くないので、
この数値が収束値だとは思っていませんし、
その中でも低助手や中助手のデータが多く、
高助手のデータは一段と少ないので、
高助手のデータは特に誤差が大きいかもしれません。


ただ、
本当の確率はこのゲームの開発者にしか分かりませんが、
上記の確率は、3年以上このゲームをやってきて
体感で感じる確率と近いような気はします。


例えばアビ取得率は、高助手の場合、約12%となりましたが、
高助手をつけていれば10回程度併せれば最低1個はアビ覚えるような気がしますし、
高助手の方が低助手よりもアビ取得率が上なのは体感でも分かります。


また突破率については、高助手の場合、約8%となりましたが、
例えば晩成馬であれば、デビューまでに100回程度は併せをする余裕が
ありますから、相手をランダムに選んでも
5~10回程度は突破するということになります。

実際の体感でも、大体そんなところではないでしょうか。


これが仮に相性が良いとされる馬を選んだとして、
20回、30回と突破するほど違いが出るものではないと思います。




さて、
攻略ガイドに書かれている、突破確率に影響を与える要因は
以下の4つとされています。

1.併せ馬との相性(2頭の能力の差、性別)
2.馬主会特典
3.調教助手の効果
4.調教カード



このうち3と4の項目は、課金アイテムを使う必要があるので、
それなりの効果があって当然だと思います。

言うまでもなく、確実に突破させたい場合は、
限界突破+30%や+50%のカードが必要になります。


逆に1と2の項目は、金をかけずにできることなので、
それほどの効果はないと考えるのが自然です。

実際、2の「限界突破」の馬主会特典は、
何度も体験していますが、大した効果は感じません。


このような状況を踏まえると、
1の併せ馬との相性についても、効果はたかがしれてると
考えざるをえません。

例えば、相性の良い組合せを選んだことで、
EX助手つけたときよりも突破確率が上がるようなら
EX助手つける必要がないことになります。


このことから、推測ではありますが、
併せ馬との相性の効果は、最低でも3の「調教助手の効果」よりは
低く設定されていると考えられます。


ここで、
この記事の最初に触れた併せの検証結果からは、
助手のランク差による限界突破率については、
低助手で約4%中助手で約5~6%高助手で約8%
となりました。

上記の数値は誤差を含んでいるので、完全に信頼できる数値ではないですが、
体感的にそこまでかけ離れている数字とも思いませんので、
おおよそ正しいとすると、
助手のランクが上がるごとに2%程度は突破率が上がる
ということが推定されます。


よって、併せ馬との相性の効果は、助手の効果以下と考えると
あってもせいぜい1~2%程度ではないかという結論になります。


これが正しいことを証明する方法はないので、
あくまで推測ということになってしまいますが、
相性が良いからといって、それが体感できるほど
ガンガン突破するということはまずありません。



また、具体的にどのような組合せが相性が良いかについてですが、
攻略ガイドに書いてあるのは「2頭の能力の差、性別」が影響する
ということだけです。

この「2頭の能力の差、性別」というのは悩ましい表現で、
具体的にどういうことかは分かりませんが、
いろいろと流れている説の中で、
このことに関係するような説は正しいかもしれませんね。


ただし、その他の説で、
ニックス関係なら良いとか、父や母が同じなら良いとか、
他では個性が同じが良いとか同じ毛色が良い
などの説は、攻略ガイドに書かれていない以上
デマである可能性が非常に高いと思います。






以上、併せの相性について書いてきましたが、
要点をまとめると、

アビ取得の相性は存在しないので、どの馬と併せても同じ。

突破の相性は存在するが、どの組合せが相性が良いかを判別する手段はないし、
 差があるとしても僅かなので、どの馬と併せても同じと考えてよし。
 (ただし、攻略ガイドにあるとおり、追う強さは強いほど良い)

ということです。



自分も昔はよくやっていましたが、
いちいち、どの馬と併せてアビ取得したとか、突破したということを
メモ欄にメモして、その馬とばかり併せるということも
本来意味がありません。


また、相性の良い併せ相手をピークアウトしても残しておくということも
まったくもって無駄なことです。


併せ相手は適当に選べばOKです。
その方が調教時間も短縮できて、楽ですからね。
そして、相手を考えて選んだ場合と結果も全然変わりません。




そもそも、突破率やアビの取得率が
ある特定の組合せで凄く上がるのなら、
EX助手や突破カードを使う必要性が下がることになり、
これらのカードの売上減につながります。

拝金主義の運営がそんなことをするでしょうか?


だから、仮に組合せによる差があったとしても微々たるもので、
気にするほどのものではありません。


運営目線からいえば、
併せの相性で、気休め程度の攻略要素を与えたかっただけだと思います。








次回からは、
いよいよレインボークエスト改造計画の2世代目の産駒たちが3歳になったので、
その馬たちをご紹介していきたいと思います。


では^^



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。