☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボークエスト改造計画 3世代目の種牡馬

レインボークエスト改造計画の2世代目の馬たちですが、
少し前の記事で書いたように、遺伝SSに上がった馬が1頭もいませんでした


今後の方針ですが、
1代目の2頭の種牡馬はいろいろと問題があったので引退させ、
2世代目の産駒のうちから2頭を残すことにしました。

この2頭から万遍なく3世代目の産駒を生産することにします。


3世代目の生産は、2世代目と種牡馬が変わったこと以外はまったく同じで、
今度こそ遺伝SSにアップさせることを狙います。




今日は、その種牡馬として残した2頭をご紹介したいと思います。



<種牡馬No.1>
レインボープリンス

個性はスタミナ系で、
距離適性(推定)は2300-2700mです。



<種牡馬No.2>

レインボープライド

個性は持続系で、
距離適性(推定)は2300-2700mです。





2頭とも、遺伝S以外は申し分ありません。

これで遺伝SSなら、もう完成といってもいいくらいなのですけどね^^;




この2頭から、半々くらいの割合で3代目の産駒を生産したいと思います。
今度こそ遺伝SSが生まれますように








ところで、2代目の産駒についても、1代目と同じように
母馬の左パラからの変動について調査しました。

具体的には、
持続を除くその他のパラ(スピード、スタミナ、瞬発、根性、パワー、気性)
の変動を合計した数値で評価しました。

例えばスピード、スタミナ、瞬発、根性、パワー、気性がそれぞれ1段階ずつ上がれば
+6」とします。


結果は下表のようになりましたが、
1代目との違いがよく分かるように、
1代目の産駒の調査結果と比較しています。

左パラの変動
(合計値)
1世代目
(父:レインボークエスト
遺伝A
2世代目
(父:遺伝S
+4 
+3 
+2
+1
±0
-1 
-2 
-3
-4 
平均値-1.4+0.2


頭数が少ないのであくまで参考ですが、
明らかに2世代目の産駒の方が良い結果になっています。

やはり母馬からのパラアップについての期待値は、
遺伝Sの方が上といえそうです。


なお、2世代とも、繁殖牝馬は3000万以下の安馬を使い、
配合は基本的にアウトブリード
生産の馬主会特典もなしの同条件で生産しています。



また、2世代目の産駒のパラ変動の平均値は+0.2でしたが、
遺伝Sだと母馬のパラを維持するのが平均的だと考えれば
いいのではないでしょうか。

母馬のパラを上回るパラの産駒が生まれる確率も
それなりに高いといえそうです。




さて、もう1点、
これまでに何度も書いてきた「種牡馬のパラは産駒のパラにはほぼ無関係
ということについてですが・・・


2代目に使った種牡馬のパラは、
3000万以下程度の繁殖牝馬のパラよりもひどい糞パラなので、
1代目のレインボークエストと比べて勝っているのは
遺伝Sということだけです。


検証した頭数が少ないので、上の表の数値は完全に信頼できるものではありませんが、
そのあたりを考慮しても、少なくとも2代目の種牡馬の方が劣っている
ということはないと思います。


もし種牡馬のパラが産駒に影響あるのなら、
2代目の種牡馬よりも1代目のレインボークエストの方が
はるかに上なわけですから、
上の表のような結果にはなりません。


2代目の産駒の方がパラが良かった理由は、
単純に2代目の種牡馬の方が遺伝が良かったから
という以外に説明がつきません。


つまり、アウトブリードやアウトニックス配合の場合、
仔馬のパラに影響を与えるのは遺伝力だけといってもよいです。

種牡馬のパラ自体には何の意味もありません。


仮に遺伝SSの種牡馬を使って同じような調査をすれば、
種牡馬のパラがどうであっても、上の表の結果よりは良くなるでしょう。




また、母馬の右パラからの変動についても調べてはいたのですが、
基本的には母馬の右パラがベースになり、たまに化けるという感じで、
規則性についてはよく分かりませんでした。

ただ全体的には、あまり種牡馬の右パラには影響されていないような
感触を受けました。



種牡馬の左パラが関係ないことは、
今回の調査結果やこれまでの経験からもまず間違いないですが、
今までよく分からなかった右パラについても、
あまりこだわらなくていいという考えになりつつあります。

まあ右パラに関しては、正直なところ検証が難しいので
確信はもてませんけどね。






普通の競馬ゲームなら、種牡馬のパラにこだわりたくなるところですが、
このゲームはパラ以外の部分が重要な仕様なので、
それに合った種牡馬をつくるしかないということです。


パラを無視してよいのなら、良い種牡馬は簡単にできそうなものですが、
それはそれで案外難しいのですけどね^^;




ではでは^^

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

更新お疲れ様です。
とても参考になりました。種牡馬の右パラもさほど気にしなくて良いなら、種付けが楽になりそうですね。種牡馬のパラは気になっちゃうんですけど^^;

距離適性変更カードまで出てるんで種付けに頭を悩ませるのもばかばかしい感じですが、使わないでプレーする為にも拘りたい部分ですから。

ジェダイ | URL | 2012-07-09 (Mon) 12:51 [編集 ]


レス遅くなりすみません。

まあ右パラについてはよく化けるので、
検証のしようがありません^^;

たしかに低パラの種牡馬は、なかなかつけるのは勇気いりますからね~
自分も最初はそうでしたが、1回でもつけてみたら
問題ないことはすぐにわかります。

距離適性変更カードについては全く同感です^^
出ちゃったものは仕方がないので、気にせず今までどおり
プレイしたいと思います。

どもコメありがとうございました^^

いちろー | URL | 2012-07-10 (Tue) 23:23 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。