☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中心補正の発動率について

今日は久しぶりに攻略系の記事です。

今までの攻略系の記事で、一番データ取りに時間がかかってるかもしれませんが、
記事の長さは一番短いかもしれませんw




今回のテーマは中心補正の発動率についてです。


距離幅が短いほど中心補正が出やすいということは、
攻略本にもちゃんと書いてありますが、
では具体的にどの程度の発動率なのか調べてみました。


検証方法ですが、
距離幅が200m、400m、・・・、2000mの馬を1頭づつ用意し、
中心補正の対象となる距離で各馬30回ほど走らせてみて、
そのうち何回発動するかを比較しました。

なお、騎手はカード騎手を使いました。



では、検証結果です↓

距離幅(m)中心補正発動回数
(試行回数:30回
発動率(%)
2002273.3
4002066.7
6001963.3
8001653.3
10001963.3
12001446.7
14001550.0
16001136.7
18001136.7
200013.3


色分けについては、大雑把にみて、
3回に2回以上の発動率で、2回に1回程度
3回に1回以下の発動率です。

たかだか30回の試行なので、あくまで参考数値ですが、
まあまあいい数字が出てるのではないでしょうか。


1000mのデータはやや特異なデータになってしまいましたが、
おおよその発動率についてまとめると、

距離幅
200~600m  →3回に2回以上
800~1400m →2回に1回程度
1600~2000m→3回に1回以下

となりました。


この結果から、競走馬の距離幅については、
できれば600m以内にしたいところですが、
1400mまでは許容範囲というところではないでしょうか。

ただ、1600m以上になると中心補正の発動はほぼ期待できないし、
特に幅2000mでの発動率の低さが目に付きますね。


また、距離適性は種牡馬から受け継ぎますので、
いくら他の要素が優れていても、距離幅1600m以上の種牡馬は
地雷ということになります。

種付け時には、このような種牡馬は避けましょう。







さて、
話は変わって馬主会対抗戦についてです。

前回の記事から2勝しかできませんでしたが、なんと2回ともアイテムゲット

内訳は現相場眼、カー伝コインでした。


ということで、アイテムの当選確率と内訳は、
現在までの累計で、

10/23(43.5%)

(内 訳)
 全相場眼・・・1枚
 現相場眼・・・4枚
 ビタシロ・・・1枚
 カー伝コイン・・・3枚
 柏木フルーツ・・・1枚


となりました。


現とコインが出やすいという傾向が少し出てきたような気がします。

やっぱりいいアイテムはなかなか出ないようですね。


ではでは^^
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごい勝ってますね~

こんばんわ。
対抗戦は、出してないです。
他の人が強いので・・・。
遺伝Eの種付牡馬を付けました。
パラ20後半ですね~。
しかも、牝馬!!
牡馬が良かったのに~。
来Sも、付けます。

まりな | URL | 2012-09-09 (Sun) 22:19 [編集 ]


コメありです^^

たしかに対抗戦は激戦になってますねw
うちもかなり負けてると思います。

それから
牝馬乙です・・・
パラは遺伝Eだとそんなもんでしょうね^^;

遺伝SSに上げるまではパラ無視でよいので、
気が遠くなりそうですが、根性で頑張ってくださいw

いちろー | URL | 2012-09-10 (Mon) 23:41 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。