☆いちろー牧場の競伝日記☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インブリードの効果検証その2 生産結果

昨日のブログで紹介した2頭の生産結果です~

まず1頭目は、インリード効果の実験台に使った繁殖牝馬「フォーチュンダンス」の仔です。
おさらいすると、母は持続がBと弱点でしたので、ノーマルダンスインザダークとの配合で
発生するニジンスキーの3×4のクロスで弱点強化を図りました。
結果はこちら↓
メモリー
メモリーパラ
(アップした主なパラ)
・スタミナ   :S→SSに1段階アップ
持続    :B→Aに1段階アップ

(ダウンした主なパラ)
・スピード、根性:SS→Sに1段階ダウン
・気性      :SS→Aに2段階ダウン
・体力・脚元  :死亡

マイナス要素の方が強く、所詮はノーマルダンスだからと言ってしまえばそれまでですが、
全体的にいまいちですね。笑っていただければ本望です。


ただアップしたパラは「ニジンスキー」のインブリード効果通り、持続スタミナ
2つだったので、狙ったパラを上げるという点ではかなり使えるのは確かだと思います・・・
以上!



続いて2頭目は、会POG馬です。
母の「リュウセイタキオン」は持続がA以外はすべてSSでしたが、結果は・・・
ピーオージー
ピーオージーパラ
こっちはまあまあかも♪
ただ持続がSSに上がった替わりにスタミナがAに落ちました。
なんかプラマイゼロみたいな感じで残念ですね~

あと白毛って遺伝するんですね。
これが一番嬉しかったかもしれませんw



インブリードは諸刃の剣ということが良く分かった今回の結果でしたが、
マイナス効果の影響がでるかどうかも結局は運だと思うので、
今後も何頭かは試していくつもりです。
ではまた^^


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-06-26 (Thu) 15:07 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。